明伸館 合気道 宇部 

合気道(あいきどう・合氣道)は、武道家・植芝盛平氏が大正末期から昭和前期にかけて創始した武道。植芝盛平氏が日本古来の柔術・剣術など各流各派の武術を研究し、独自の精神哲学でまとめ直した、体術を主とする総合武道である。

信念は
自分に厳しく、
相手に優しく、
そして一体

明伸館
合気道サークル

中・高校生・一般(社会人)
(男女問わず)
入会金 今だけ無料
会費3600円/月

基本曜日・時間帯
土曜日19:00~21:00
(他の曜日はご相談下さい)
お気軽にお問い合わせください
080-6305-6796(まずは下記お問い合わせボタンからお願いします)
合気道とは
合気道は、開祖・植芝盛平翁(1883~1969)が日本伝統の武術の奥義を究め、 さらに厳しい精神的修行を経て創始した現代武道です。

合気道は、相手といたずらに力で争いません。 入身と転換の体捌きから生まれる技によって、 お互いに切磋琢磨し合って稽古を積み重ね、 心身の錬成を図るのを目的としています。

合気道は他人と優劣を競うことをしないため、 試合を行いません。お互いを尊重するという姿勢を貫く合気道は、 現代にふさわしい武道といえるでしょう。


合気道が「和」の武道といわれる所以もここにあります。

合気道の健康効果
(1)ダイエットになる


有酸素運動ができるので、ダイエットにつながるともいわれています。
実際に会員の方で4-5kg痩せた方もいらっしゃいます。

(2)姿勢が良くなる

正座法や技の稽古で、腹筋や背筋が鍛えられ姿勢が良くなるといわれています。


(3)護身術が身に付く


いろいろな技を習得する事で自然と護身術が身に付くとされています。

(4)バランス感覚が育成され、体のねじれやゆがみを矯正する

左右同じ動きで技を繰り返し練習するため、左右の体のバランスが良くなるとされています。

(5)体幹が鍛えられる

基本動作・さまざまな技の稽古により、体幹が鍛えられるとされています。


(6)血行が良くなる

裸足で畳の上で稽古を行うため、足のツボが刺激され血行が良くなるとされています。
会場:宇部市武道館  
宇部市島3丁目9-30
明伸館は「自分の身を守る技と心構え」を身に付け「より善き自分」になる為の稽古会です。

 技術の稽古だけでなく、その時間の中で自分を律する心や、他者への思いやり・心遣いなどを身に付けていける空間でありたいと思っています。

 「人間教育」の看板のもと実際には「試合・勝負に勝つ」だけの武道等が広まっている中で、明伸館が伝えたいのは「術」より「心」です。

 中学生、女性、一般まで、武道・武術、格闘技を今までやってみたかったけれど一歩踏み出せなかった人。経験がない人にこその場所です。
 「怖い」「厳しい」というイメージの他の道場、教室とは少し違うと思います。

 ぜひお問い合わせください。

技・活動紹介

わたしたちの活動を紹介します

小手返し

手首に手を当てて相手の中心軸に効かせる技

入り身投げ

正面打ちや手首を掴まれた時に施す投げ技

固め技

相手の腕を裏返しながら、相手の肘間接を取りそのままうつ伏せに抑える技
残心
技を掛けた後も油断せず、対処する
練習の様子
宇部市武道館内部
宇部市武道館外部

参加者の声

参加してくださった方の声を紹介します。

◯◯サークルメンバー紹介

明伸館サークルのメンバーを紹介します。

明伸館 館長
谷村 伸吾

信念は
自分に厳しく、
相手に優しく、
そして一体


合気道に興味がある方や護身術を学びたい方、是非とも参加して下さい。
基本は型の練習から学んで、体作りに取り組みます。そして、技は一回につき一つが出来るようになることを目指します。
一緒に究めて参りましょう。

お問い合わせ・ご依頼など

体験をご希望の方は気楽にどうぞ

お気軽にお問い合わせください
080-6305-6796(まずは下記お問い合わせボタンからお願いします)

初心者の方や道着をお持ちでない方は、ジャージや動きやすい服で大丈夫です。あらゆるお問い合わせをお待ちしています。